低身長 SGA

SGA性低身長症とは?原因と診断前のセルフチェックの方法を紹介

子供の背が伸びない症状である低身長症は原因によっていくつかに分類されます。その中の1つがSGA(Small‐for‐Gestational Age)性低身長症になります。

 

Small‐for‐Gestational Ageを日本語に直訳するとと妊娠中期間中の子供の大きさが小さい、といった意味になります。実際には同じ期間お腹にいた赤ちゃんの標準的な身長や体重に比べて、生まれてきた赤ちゃんの出生時の身長や体重が小さいことをさします。

 

お腹の中にどれだけの期間いるかは在胎週数と呼ばれています。この在胎週数に応じて標準的な赤ちゃんの身長・体重が定められていて、実際のその子が生まれた在胎週数の標準値に比べて小さい場合にSGAと呼ばれます。つまり出生時に小さいことがSGA性低身長症の原因となりうるというわけです。

 

出生時にはSGAであったとしても、3歳までには約9割のお子さんが標準値に追いつきます。逆に3歳になっても標準値に達しない場合はSGA性低身長症を疑う必要が出てきます。SGA性低身長症の場合は小学生以降も低身長のまま経過する傾向にあり、そのまま標準より低身長のままで成人になる可能性も高くなります。

 

 

SGA性低身長症をセルフチェックするガイドラインの1つにお子さんの成長曲線(生まれてからの身長・体重の変遷を記載したグラフ)を記入することがあげられます。成長曲線は母子手帳にもついていますので、気軽に作成することが可能です。あらかじめ標準的な成長グラフが記載されていますので、これとお子さんの身長を比較してみます。その上で、2?3歳になった時にもお子さんの身長が標準よりも-2SD以上低い場合にはSGA性低身長症が疑われます。ちなみにSDとはStandard Deviatinの略で日本語では標準偏差と言い、標準値からどれくらいチェックした数値(この場合はお子さんの身長)が離れているを示す数値となります。

 

お子さんがそうかもと思った時には速やかに病院に相談することをおすすめします。というのもSGA性低身長症と診断された場合は成長ホルモンの投与を受けることになるのですが、この効果はある年齢(一般的には思春期と言われています)を超えると思うように現れなくなるからです。

 

成長ホルモンの摂取は思春期まで続きますので、SGA性低身長症の医療費が気になるところですが、SGA性低身長症と診断された場合には健康保険の対象となりますので、経済的な負担は軽減されます。また、健康保険以外にも様々な経済的な負担を軽くしてくれる制度がありますので、お住いの自治体や病院窓口で相談してみると良いでしょう。

 

 

関連ページ

ボーンペップとはどのような成分?どんな働きをするの?
ボーンペップって何?どんな成分でその働きは?そんな聞き馴染みがないという方でもしっかりと分かってもらえるように、ボーンペップについて基本的なことからしっかりと紹介します。
骨の身長や丈夫な骨づくりに欠かせない効果があります
ボーンペップにはどのような効果があるのでしょう。ボーンペップの効果は骨の伸長を促すとともに強度を高めるという非常に育ち盛りのお子さんには役立つものがあります。詳しくお伝えしますので、しっかり摂取していきましょう。
身長を伸ばすのにオススメの食べ物を紹介します
身長を伸ばすために適した食べ物とはどのようなものでしょうか。育ち盛りにお子さんには積極的に食べさせてあげたい身長を伸ばすためにぴったりの食べ物をこちらではお伝えします。
お子さんの背が低いことにお悩みならしっかりと原因を見極めよう
お子さんが背が低いいわゆる低身長が疑われるなら原因をしっかりと見極める必要があります。低身長の原因によって、その後の打ち手がかなり変化してきますので。しっかりとその理由を見極めてお子さんにぴったりの対策をとってあげましょう。
背を高くする方法を五大ポイントとして詳しく解説します
背を高くする方法にはどのようなものがあるのでしょうか。お母さんがたなら気になるこのポイントについてどの家庭でも行える背を高くする方法の重要なポイントを5つ紹介します。
成長ホルモン分泌不全性低身長について|特徴や治療について紹介
お子さんの低身長の原因には病気によるものとそうではないものがあります。病気が原因となるものの1つに成長ホルモン分泌不全性低身長が挙げられます。こちらの特徴や概要といった基本的な情報や治療の内容についてお伝えします。