成長期 運動 栄養

こんな運動が体の健全な生育にはおすすめです

「うちの子、なかなか背が伸びなくて」と悩んでいるお母さんもいらっしゃるのでは。
成長期の背丈の伸び方には個人差があります。
とはいえ、わが子がなかなかそれに追いついていかないと不安になりますよね。
そこで、成長期の重要な目標である背丈を伸ばす為にはどんなことをしたらいいのか
一緒に考えてみましょう。

 

まず、成長期とはどんな時期をいうのでしょうか。
定義としては「思春期の中の身体が急激に成長をする時期」です。
大体11歳から18歳くらいまでの長いスパンで考えます。
その子によって早く成長期が始まる子もいれば、遅い子もいます。
千差万別なのです。

 

「成長期」の代表的な発達が「身長の伸び」です。
「でも、身長って親からの遺伝も関係あるよね」と思いますか?
実際に「予想身長」の計算式は

 

男の子の身長=「父の身長+母の身長+13」÷2+2
女の子の場合は−13です。
日本人の平均身長は男子が170pで女子が158pです。

 

しかし、親が小さいのに子供が大きくなる場合や、その逆も十分にありえます。
では背丈を伸ばす為にはどんなことをすればいいのでしょうか。

 

≪成長期に背丈を伸ばすバランスのいい食生活≫

 

骨が成長する事によって背丈が伸びるので、骨や筋肉を作る良質なたんぱく質、カルシウムなど
バランスのいい食生活をしましょう。
良質なたんぱく質といえば、例えば、鶏肉、とりわけササミなどは最適ですね。
カルシウムが含まれるのは乳製品、骨も食べられる小魚、納豆や豆腐などです。
またカルシウムはビタミンDによって吸収が助けられます。
魚やキノコを食べる事も大切ですが屋外で、日光にあたりながら運動する事も大切です。

 

≪成長期に背丈を伸ばすお勧めの運動≫

 

成長期に運動をした方がいい理由には、運動することによって成長ホルモンの分泌を促し
骨に刺激を与えるからです。

 

では具体的にどんな運動が身長を伸ばす為に効果的なのでしょうか。
身長を伸ばす為には全身をバランスよく鍛える事が必要です。
特に縦方向に伸ばすような運動がいいでしょう。
例えば、縄跳びやバスケットボール、バレーボールのようなジャンプする運動。
そういえば、バスケットやバレーボールをやっている選手は背が高い人が多いですね。
また、ジョギングやダンス、水泳なども全身を使ってする運動なので効果的です。
「うちの子、運動が苦手で」という方には腕立て伏せやスクワットなどのストレッチ運動がお勧めです。
寝る前にするとより効果的です。

 

≪成長期に背丈を伸ばす為に避けたい運動≫

 

では逆に成長期に避けて置いた方がいい運動はあるのでしょうか?
それは体の一部に負担をかけるような運動です。
例えばマラソンやレスリングのような下半身に筋肉をつけるような運動、これにより骨の成長に必要な軟骨を痛めてしまう事があります。
また、体操のような全身に筋肉をつけるような運動をしている子は背が伸びにくくなるようです。
さらに疲労感が半端ない運動ばかりしていても背丈は伸びにくいようです。
よく、成長期にはしない方がいい筋肉トレーニングと言われますが、一部分だけでなく全身を鍛える運動であれば可です。
ただし、ダンベルややゴムなど負荷をかける運動は避けましょう。

 

とはいえ、どんな運動が好きか、それは子供の好みですから、あまり背丈の事ばかり考えずに見守ってあげる事も大切ですね。

 

この時期に欠かせない栄養素とおすすめ食材|好き嫌いはサプリでフォロー

これから体を大きく育っていく成長期の子供には沢山の栄養が必要です。
特に重要なのが、タンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛です。

 

 

タンパク質は筋肉や骨、さらには皮膚や血液を作る材料になり、
また、成長ホルモンの分泌を促進する働きもあります。
成長期の子供はもちろん、たくさん摂取する必要があります。

 

タンパク質を多く含む食材は、肉、魚、豆腐、牛乳やチーズなどの乳製品などです。

 

 

そして、骨の成長に欠かせないカルシウム。骨を強くしてくれます。
牛乳やチーズなどの乳製品や小魚などに多く含まれています。

 

亜鉛は先ほどご紹介したタンパク質の合成をするのに必要な栄養素です。
ですので、こちらも特にこの時期の子供には必要不可欠ですね。

 

亜鉛は牡蠣や牛肉、豚・鶏のレバー、ホタテ、煮干し、豆腐、カシューナッツ
わかめ、ひじきなどに多く含まれています。

 

マグネシウムは骨の高度や弾力性を調節したりする働きがあります。
マグネシウムを多く含む食材は海藻のあおさ、ひじき、大豆などです。

 

 

このように、成長期の子供はたくさんの栄養をバランスよく摂取しなければなりません。
しかし、好き嫌いが多い子供などは特に、
必要な栄養素をすべて食材ですべてまかなうのは難しいかもしれません。

 

 

そんな場合には、例えば子供用のサプリメントなどを取り入れることを
検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

子供用のサプリメントの商品は、通販でもいくつか販売されていますよ

 

 ・カラダα
  成長期の子供に特に重要な栄養素である
タンパク質、カルシウム、マグネシウム、リン、亜鉛、ビタミンC.D
ビタミンKを配合しています。

 

 ・カルシウムグミ
  カルシウムとその吸収を助けるビタミンD、亜鉛の他、
コラーゲンとマグネシウムが配合されています。
糖衣でくるんだグミなので子供にも食べやすそうですね。

 

 ・アレルケア
 あのカルピスが通販でだしているタブレットで、。
  アレルギーがあって栄養のバランスが気になる子供向けのものです。
  乳酸菌とカルシウムなどが配合されています。

 

 アスミール
 牛乳に溶かして飲むタイプのサプリメントです。
 メディアなどでも紹介されていますね。
 亜鉛とアルギニン、プラセンタが配合されています。

 

・ノビーノ
 カルシウムとビタミン類が配合されたタブレット。
 食べやすい味と好評です。
 品質管理にこだわって、放射能やカフェイン検査などを実施しているそうです。

 

 

合わせて読みたい:成長期に必要な栄養をセノビックで簡単に摂取できます